第4回「ママドラフト会議」魅力顕在化プログラム 2日目

2016年12月6日開催の「第4回ママ☆ドラフト会議」

そのドラフト会議当日、ファイナリストとして登壇するママを対象として、3日間に分けて「魅力顕在化プログラム」を実施しています。

2日目は「あなたの魅力伝える声の出し方、話し方講座」
1日目の「ブランディング講座」はこちら

「声」をお仕事にされている藤重知子先生による『あなたの魅力伝える声の出し方、話し方』講座。 ※ちなみに福岡の某有名百貨店のエスカレーターの声は藤重先生のお声なのです!!!生声で聞かせていただきました♪

まず私たちが尋ねられたのは「自分の声の苦手なところ」 
・「はい」といったつもりが「あい」に聞き取られてしまう
・滑舌が悪い
・人前だと緊張して声が上ずり、うまく話せない
・声が低いのがコンプレックス
などなどいろいろと出てきました。

実は結果だけお伝えすると、この講座が終了したころにはすべて悩みではなくなりました!!

どんな講座内容だったかというと
まずは「声磨き」から
人は最初の2秒でその人の印象を判断し、声を聴いた瞬間聞き続けるかやめるかを「感覚」で判断すると言われているそうです。

その最初の2秒を良い印象を与えるために、表情のトレーニングから始めました。
目を大きく開けたり、閉じたり、口を大きく開けたり、閉じたり、舌をぐるぐる回したり…それだけでも顔が熱くなるのを感じました。使っていなかった「表情筋」が動いている証拠です!

次に、まっすぐ相手に声が届くためのボイストレーニング。
・腹式呼吸(先生のお腹を実際に触って実感)

img_9161

・母音の発音

img_9154

・滑舌練習、じつは滑舌の良くなるツボなんかもあるんですよ!

そして話す内容をより相手の心に届かせるための表現力。
これにもテクニックがあり、声の「強弱」「高低」「緩急」

img_9163

最後に人前で話すコツ。
「第一声」をしっかりと準備し、聞かせる雰囲気づくりの方法。
ちょっとした「間」を作ることでググッと聞く人を惹きつける表現テクニック。
*よい例が「お・も・て・な・し……(←ここ!)おもてなし」ですね

でも一番は伝えたい、という「心」なんだということもわかりました。
緊張していても、一生懸命相手に伝えたいという心があれば相手には伝わるはずです。
言葉や表現はあくまでも手段なんですよね^^
わかりやすいご指導と、面白いトークで会場内では、頷く人、笑う人でとってもいい雰囲気でした。
次回は「あなたの魅力が増す立ち居振る舞い講座」

話し方に磨きをかけて、次に立ち振る舞いに磨きをかけます。
ママたちがよりキラキラ輝きだす姿がとても楽しみです。

ママワーク研究所 事務局 嘉副麻美

2016-10-28

お気軽にお問い合わせ下さい

上へ