【リリース】「ママボランチ」育成事業で地方創生と女性活躍推進 in那珂川町

 

眠れるママ人材を創業のカナメに!
地方創生と女性活躍推進 in那珂川町

 

育児期女性の社会復帰を支援するNPO法人ママワーク研究所(拠点:福岡市、理事長:田中彩、以下ママワーク研究所)は、昨年に引き続き、「ママ・ボランチ®」育成講座を開講します。

 

「ママ・ボランチ®」育成講座とは

企業の創業期は十分な組織体制がとれず、総務業務は後回しになりがちです。
しかし、企業を運営していくうえでは欠かせない業務でもあります。
できるだけコストをかけずに有能な人材を採用したいスタートアップ企業と、
短時間しか働けない眠れるママ人材をつなぐ事業として立ち上げたのが、「ママ・ボランチ®」※1育成講座です。

※1「ママ・ボランチ®」とはサッカーのポジション「ボランチ」のように、オフィスワークにおいても臨機応変に対応できるママ人材のこと。

 

■地方自治体の事業として行う初の試み

本育成講座は、2015年度に内閣府の「地域における女性活躍推進モデル事業」として採択され、
2016年度は、自主事業として開催しました。
本年度は、福岡市内での自主事業に加えて、新たに福岡県那珂川町にて同町の創業支援事業としても開催します。

 

那珂川町では、20代以上の女性の就業率が県平均を下回っていることから、結婚や子育てて離職した女性をメインターゲットに創業支援事業を行うこととなりました。
しかし、一旦離職した女性が創業するのはハードルが高いもの。
そこで、本育成講座によって「ママ・ボランチ」として能動的に組織運営に関わるための知識習得およびマインドセットを行い、社会復帰への一歩を後押しします。
また、株式会社マネーフォワードや株式会社SmartHR といった成長著しいIT企業にも協力をいただき、
最新のクラウドツールを活用するカリキュラムも予定しています。

 

■これまでの成果

昨年開講した本講座(第1クール)の修了生うち、
約2割がスタートアップ企業から仕事を受託するフリーランスやパートタイマーとして仕事を始めたり、
フリーランスから業務拡大をして開業したりするなど、様々な形で自身のキャリアバックを果たすとともに、スタートアップ企業の事業拡大の担い手として働いています。

バックオフィス業務とは、組織経営の基盤でもあり、自ら創業を目指す女性の受講も昨年度から見受けられました。
そこで、本講座は「再就労」希望女性の中から「創業者」や「創業拡大支援者」を輩出する、
という目的を広げた形で新たな開催をすることになります。

今回の那珂川町での「ママ・ボランチ」育成講座は、これまでよりさらに実践的に「女性活躍推進」や「地方創生」といった、今大きくクローズアップされている課題解決に貢献できるプロジェクトであると考えております。
ぜひご注目ください。

 

■九州全体で取り組むと、社会的価値は101億円に

もう一度働きたいというという希望を持つ女性は、九州各地に眠っています。
これらの人材が地域の成長企業の支え手になった場合の社会的価値を試算すると、九州全体で101億円、4年間で416億円にものぼるという結果が得られています。
なお、この考察をまとめたママワーク研究所・田中の論文「潜在的就業女性達のキャリア開発が 創業拡大にもたらす社会的価値の試算」が、2016年度九州経済調査協会の地域研究助成・顕彰事業の最優秀賞を受賞しました。

 

■スケジュール

9/15~10/31 ママ・ボランチ育成講座(那珂川町創業支援事業)
詳細情報:http://www.mamawork.net/event/mama_3136.html

10/4~11/02 ママ・ボランチ育成講座(福岡市内・自主事業)
詳細情報:http://www.mamawork.net/event/mama_3080.html

 

ママワーク研究所とは
「子育てしながら、自分らしく働きたい」と願うママたちのサポーター。

2012年7月設立した、育児期女性の緩やかな社会復帰推進とその人材活用により企業・経済が発展することを目的として活動する、NPO法人です。

 

■この件に関するお問い合わせ

NPO法人ママワーク研究所http://www.mamawork.net/

担当:田中・後藤 TEL:092-732-7663  e-mail:volante-course@mamawork.net

 

2017-09-12

お気軽にお問い合わせ下さい

上へ