【開催報告 】仕事と子育て両立応援セミナー9/29(金)@中央区第1回

2017年9月22日(金)

10:15~13:30

場所:福岡市NPO・ボランティアセンター あすみん

(〒810-0021 福岡市中央区今泉1-19-22 天神クラス 4階)

参加人数:8名

 

福岡県育児休業者職場復帰支援事業として、育児休業からのスムーズな復帰をサポートする

「仕事と子育て両立応援セミナー」(中央区)を開催致しました。

無料の託児も付いており、隣の部屋にお子様を預けてじっくりとセミナーにご参加いただきました。

 

【第一部】「復職前に知っておきたい制度やサポーター・過ごし方」

中央区2 中央区1

ママワーク研究所代表理事である田中彩からは「育児休暇は子育てに専念する期間ではなく、

子育てをしながら働く準備をする期間である」という心構えと、具体的にどのような準備を進めたら良いか、について。

 

復職すれば、毎日が更に忙しくなります。

育児休暇中の間に今一度、自分らしい働き方を考え、家族で役割分担について話し合っておいたり、地域でのサポート制度などをあらかじめ調べておく事が必要です。

また、時間短縮に便利な家電を利用する事や、近所のママサークルなどを活用し子育て情報のアンテナを張れるようにしておく事など、自身の経験をもとに、ママとして仕事と育児を両立しやすくなるようなコツをお伝えしました。

 

現状として、やはりママ(自分)ばかりが育児や家事の負担が大きくなり、我慢してしまいがちですが、幼児期にパートナーと一緒に育児を助け合う事で相手に対する愛情が増し、その結果、その後の夫婦関係が良くなるというデータがあります。

自分一人で考えて諦めるのではなく、まずは周りに「~したい」という気持ちを伝える事が大切だとお伝えしました。

 

【第二部】「子育てや職場において復職後に大切な事」

中央区3 中央区6

子育てアドバイザーとして幼児教育に携わっている理事の中山淳子からは、復職後の子供との接し方、について。

復職して一番に気になるのが子供の事ですよね。

子供が寂しがるのではないか、心身の成長に影響はでないかなど、親として様々な不安が出てくるかと思います。

 

ですが、保育園のママも幼稚園のママも関係ありません。

「働くという事に罪悪感を感じなくていい!」という

中山の力強い言葉に参加者の皆さんもきっと安心されたと思います。

 

勿論子供の病気などで急に欠勤しなければならない時もあるかと思いますが、子供が病気だから「休んで当たり前ではない」という事を念頭に置き、日頃から職場との関係を大切にし、周りに迷惑をかけない配慮も必要だとお伝えしました。

 

【グループワーク】

中央区5 中央区4

講演の後は二つのグループに分かれて、復職後になりたい自分について話し合っていただきました。

皆さん、話し出すとやはり想いは強く、あっという間に時間が過ぎてしまいましたが、

最後に今後必ず実行する事を一つ決意表明していただき、終了しました。

 

今回初めて子供を託児に預けたというママもいらっしゃり、きっと不安もあったかと思います。

ですが、セミナーの途中からは子供の泣き声も全く聞こえなくなり、子供の適応能力についても改めて感心しました。

 

ママだから出来ない。ではなくママだから出来る。とポジティブに楽しみたいですね。

2017-10-05

お気軽にお問い合わせ下さい

上へ