【開催報告】4/24(火)「ママのためのキャリアセミナー」@ダイアゴナルラン東京

日時:4/24(火) 10:30-12:00
場所:ダイアゴナルラン東京 東京駅八重洲南口から 徒歩5分
参加人数:11名(当日参加1名含む)、 欠席7名
 
3日間に渡るキャリアセミナーの初日となった4月24日。
会場となったダイアゴナルラン東京には、混雑する時間帯にも関わらず11名のママたちが来場されました。今回は、会場内におもちゃを用意したキッズスペースを用意し、お子さんとともに受講していただきました。
 
第1部では、子育てしながら現在は代表取締役として第一線で活躍している、株式会社 Three Owlの蒲生智会氏による講座です。

働くママの先輩として、仕事と家事の両立について経験談を交えたお話しからスタートしました。
蒲生氏も最初から順風満帆だったわけではなく、「こんなはずじゃない」の連続だったそうです。
「キャリアは仕事だけではない」私らしいキャリアを考えるための要素などの語りにママたちも聞き入っていました。
 
 08
また、後半では参加したママたちに自己紹介ワークを行い、初対面同士でもかなり盛り上がりました。そして自己紹介の後は、いつもは2時間以上かけて行うワークを特別版に凝縮して、
1)私のモヤモヤは?
2)私のクセをチェック
3)価値観をチェック
の3つのワークを行いました。
 
y02
 
大切にしたい価値観を知ることで、自分がどうしたいのか、どうなったら笑顔で過ごせるかが見えてきて、参加したママたちの表情もどんどん変わっていきました。
 
 

続いて第2部では、理事長の田中彩より「キャリアにつながる子育て期の過ごし方」の講座を行いました。

まずは、「ママ×働く」の現状を参加したママたちに説明。
そして現状を知り少し落ち込み気味になるママたち。
ではこれからどうすればいいのでしょうか?

y01
 
それは、今現在おかれている状況”子育て等の制約”を強み(スキル)にする視点を再確認することです。
子供を育てるということは一個人を育てていくということ。大きな役割を担っているママたちは、子供と過ごすことで日々スキルアップしているのです。

子育て期に得たスキルは、今後のリーダー的資質につながっています!

自分自身が笑顔になることはもちろん、家族みんなが笑顔で過ごしていけるためにも「わたしらしく働く」を意識することが大切です。
 
y04
 
理事長自身も専業主婦から時短のパートタイマーへとトライしたものの、10ヶ月で挫折してしまったという経験が。その挫折からのNPO法人立ち上げの話はとても興味深く、参加したママたちも熱心にメモを取られていました。
 
ブランクがあっても、今子育て中でも大丈夫。
子育て期に得たスキルは必ず仕事に活かせると、これまでのママドラフト会議登壇者の現在の活躍も紹介され、セミナー終了後は、みなさんの表情もイキイキとしていて、それはまるで「私が主役」のさわやかな風が吹いているようでした。
 
また6月26日に開催の「ママドラフト会議」では、今回は①交流会のみの参加 でも②登壇検討中 でもエントリーするだけで5月22日から始まる「魅力120%up研修」にご参加頂けることから、セミナーに参加された方からのお申し込みが続いています。
 
6月26日も熱い1日となりそうです。
ママドラフト会議 in 東京についてはこちらから
 
 
 
<サポーター感想>
特に赤ちゃんや動き盛りの小さなお子さんを連れて参加されていたママたちは、まだ混む時間帯の電車に乗ってよく都心までいらしてくださったと思います。
そんなママたちだからこそ、ことさら「はたらく」ということに強い思いを持って来られたに違いありません。かつて同じ道を辿った一人として、そのような思いをしっかり受けとめ、その方らしい第一歩を踏み出すきっかけ作りに私も何かのかたちで携われればとあらためて感じました。
 
講座では蒲生さん、田中さんのあたたかくも力強い語り口がとても印象的でした。
参加者の方々もアイスブレイクでの笑顔の後は真剣な表情で聞き入っていらっしゃいました。
 
また、キッズススペースには、素敵な積み木やクレヨン、絵本を準備していたおかげで、お子さんたちが大泣きすることもなく穏やかに時間を過ごせたと思います。
ママドラフト会議 in 東京 サポーター
2018-04-25

お気軽にお問い合わせ下さい

上へ